治療のあと

頭を押さえる男性

最近では、しみ治療のあと、経過を見たりその後のさまざまな処置を施したりしなければならない「ダウンタイム」がほとんどない、治療後すぐに普通の生活に戻れるという方法があります。
別の記事でとりあげている「フォトフェイシャル」がそれに当たります。フォトフェイシャルの治療をしたあとは、すぐにメイクをしたりすることができるし、そのときにはもうしみは消えています。
とはいえ、だからといって安心して、「もうしみの心配はなくなった!」などということで調子に乗ってはいけません。クリニックでせっかくしみ治療を成し遂げたのですから、今度は、またしみが出来ないよう、さまざまなことに気をつけて生活する必要があります。……と言っても、それほど難しいことが必要となるわけではありません。
例えば、フォトフェイシャルの治療後、お肌は敏感になっており、紫外線などの影響を受けやすくなります。しばらくの間は、特にUVカットに気を使うべきでしょう。夏なら木陰を利用したり、帽子をかぶったり、UVケアの化粧品を使ったり……。
また、しみは紫外線だけでなく生活習慣の乱れが原因となることがあります。ストレスを溜めないこと、タバコを吸いすぎないこと(出来れば禁煙するのが望ましいです)、鉄分をたっぷり摂ること。
こういったことに気をつけて生活していれば、しみが再び発生するのを抑えることが出来ます。しっかり若返り、そして若々しさをキープすることを心がけましょう。