クリニックで治療する

色々な薬

紫外線を浴びることなどによって発生するメラニン色素の沈着、それがしみの直接原因となるものです。いくつかの細胞が色素に染まり、1点ぽつんとしみが出来てしまう、ということになります。
つまりしみ治療の基本はいかにして沈着したメラニン色素を消滅させてしまうか、またメラニン色素が沈着しないようにするかということですが、最近ではそれを自分の手で行えるようになっています。
実は、しみ治療は自分で行うことが出来るのです。ハイドロキノンという成分を含んだクリームは、ドラッグストアの化粧品売り場で手に入れることができます。
ハイドロキノンはメラニンの生成を抑制する効果があり、これをスキンケアに使えば新しいしみが出来るのを抑え、今あるしみも抑えることができます。
とはいえ、ハイドロキノンのクリームは、誰もが簡単に使えるというわけではありません。この物質は刺激性が強いものであり、メラニン色素を抑えるだけならいいのですが、普通の細胞にまで余計な刺激を与えてしまうことがあります。これでは、せっかくのしみ治療が思うような結果に結びつきません……。
というわけで、やはりしみを治療するのであれば美容皮膚科などのクリニックを選ぶべきだと言えるでしょう。クリニックでは、皮膚の専門家であるドクターがお肌の状態を詳細に見て、ハイドロキノンのクリームを使うにしろ、他の治療方法にしろ、最も安全な方法で、治してくれます。
せっかく綺麗になるための治療をするのですから、100%安心できる方法を、選びましょう。